So-net無料ブログ作成
クルマ ブログトップ
前の3件 | -

第46回東京モーターショー2019 に行ってきた【後編】 [クルマ]

有明展示場(前編を参照)を見た後は、無料シャトルバスはかなり待たされるとの情報があったので、「ゆりかもめ」を利用して青海展示場側に移動しました。


スバル

DSC04679.jpg
DSC04680.jpg
VIZIV ADRENALINE CONCEPT。乗用車ライクなXVよりも、ボリューム感のあるSUVになるんでしょうか。

DSC04682.jpg
新型レボーグのコンセプトは、多くの人の注目を集めていました。

DSC04684.jpg
WRX STI EJ20 Final Edition。12月23日をもって現行モデルの受注生産の注文受付を終了とのこと。優先購入権 お申し込み期間は11月11日まで。欲しい人は急ぐしかないです。

DSC04686.jpg
DSC04683.jpg
BRZ GT300も展示がありました。


トヨタ

DSC04687.jpg
電動スポーツカーのコンセプト e-RACER。未来の愛馬として紹介。

他にもコンセプトカーはあったようですが、市販車の展示がなく、隣接するヴィーナスフォート内に来年2月中旬発売予定のヤリスがありました。

DSC04701.jpg
フロントのデザインは現行アクアを少し意識しているような感じがしました。
DSC04700.jpg
単色だけでなく、ツートンカラーのバリエーションも用意されるようです。
DSC04699.jpg
DSC04704.jpg
ディスプレイオーディオが標準で付きますが、AppleCarPlayはオプションになるとのこと。
DSC04702.jpg
HYBRID G 2WDの仕様。
DSC04703.jpg
HYBRID Z 4WDの仕様。

9月に発売となった新型カローラのセダン・ツーリングも見たかったのですが、MEGAWEBも特設会場となっていて、今回は展示はなかったです。


ダイハツ

DSC04689.jpg
5ナンバーサイズ、1.0Lターボの新型コンパクトSUV。車名は「ロッキー」になるそうですが、トヨタからも姉妹車が「ライズ」という車名で発表されました。過去のビーゴ/ラッシュや、テリオス/キャミなどを思い出しました。
また、車格は少し違いますが、1.0LターボのコンパクトSUVと言えば、VWからも「T-Cross」が年内に日本上陸するそうで、こちらも注目。

DSC04692.jpg
Tantoもバリエーションで展示。

DSC04693.jpg
コペンGRスポーツ。そういえば今年の東京オートサロンでも見ましたが、ダイハツとトヨタのどちらのディーラーでも購入できるそうです。


その他、気になったもの

DSC04688.jpg
DSC04694.jpg
これまでの東京モーターショーでも、ショーの関連グッズを販売するブースはありましたが、今回のショーでは、各自動車メーカーのブースで、それぞれ各社のオリジナルグッズの販売するコーナーが設けられていました。「せっかく来たのだから、何か記念に買っていきたい」というニーズを掴んでいたように思います。

DSC04698.jpg
また、トミカのコーナーも大きく確保されていたのに加え、キッザニアも設けられるなど、これまでよりファミリーで楽しめるショーとなっていた感じはありました。

来場者数とその集計方法などで、いろいろ言われているところがある今回のショーではありましたが、個人的には楽しめたので、特に気にしていません。

ただ、いくつかの輸入車メーカーは、事前にだったり期間中だったり、別の場所に独自に会場を設けて展示会を開いていたそうなので、それが今後のトレンドになるようだと微妙ですね。次回は、そのようなメーカーもショーに戻ってくることを期待したいと思います。


関連記事
第46回東京モーターショー2019 に行ってきた【前編】

nice!(13)  コメント(4) 

第46回東京モーターショー2019 に行ってきた【前編】 [クルマ]

ブログの更新がなかなかできていませんでしたが、今回も東京モーターショーに、期待と不安を胸にS16氏と先週末に行ってきました。

今年は会場の東京ビックサイトの工事の関係から、有明展示場と青海展示場に分かれて、2つの会場間の通りや周辺施設を利用して、広範囲にブースやイベントスペースが設けられたのはよかったです。

しかし、VWやBMWなど多くの海外メーカーの参加がないということもあって、少し寂しいショーになるのかと思っていましたが、天気に恵まれた週末だったこともあり、来場者はファミリーなども多く賑やかでした。

この【前編】は有明展示場の様子です。


スズキ

DSC04583.jpg
DSC04584.jpgDSC04585.jpg
大人気の軽自動車ハスラーの2代目のコンセプト。よりアクティブなイメージになるようです。


ホンダ

DSC04589.jpg
オレンジのNSXは人だかりが多かったです。

DSC04587.jpg
DSC04590.jpg
新型アコード。こちらもお目当ての人は結構いました。

DSC04595.jpg
マイナーチェンジ&新グレード追加された人気のフリードシリーズ。

DSC04596.jpg
軽自動車のNシリーズも多く展示されていました。

DSC04597.jpg
DSC04598.jpg
新型フィット。趣の違うバリエーションの展示。人気車種だけあって、内装の質感を確かめたり注目度が高かったです。

DSC04599.jpg
DSC04600.jpg
電気自動車 Honda e。シンプルな印象の外観とは違って、内装インパネは液晶パネルがズラリと並んで、先進的なイメージです。

DSC04603.jpg
モータースポーツの展示も充実していました。なんとここで歴史的なF1マシン RA272にお目にかかれるとは思いませんでした。混雑の中、なんとか写真に収めました。以前キットを作ったときの記事はこちらで。


アルピーヌ

DSC04607.jpg
A110S。現代に蘇ったライトウエイトスポーツA110のチューンバージョン。操ってみたい!


ルノー

DSC04609.jpg
DSC04610.jpg
新型ルーテシア。欧州ではクリオと呼ばれる売れ筋Bセグメントハッチ。

DSC04611.jpg
トゥインゴ。可愛い!(どっちが?)

DSC04612.jpg
メガーヌ ルノースポール。刺激の欲しい方はこちらを!


日産

DSC04616.jpg
自動運転技術「プロパイロット2.0」で手放し運転もできるという、マイナーチェンジしたスカイライン。手放しって楽そうですが、個人的には落ち着かないような。

DSC04618.jpg
DSC04620.jpg
熟成された日産車が多く展示されていました。

DSC04623.jpg
DSC04622.jpg
SUVタイプの電気自動車 ARIYAコンセプト。一方、新型ジュークもキックスもなく、残念。今後に期待したいですね。


三菱

DSC04626.jpg
DSC04625.jpg
PHEVのコンセプトカー ENGELBERG TOURER。オラオラ顔っぽいですね。

DSC04633.jpg
オープン2シーターのコンセプトカー MI-TECH CONCEPT。

DSC04630.jpg
ディーゼルエンジン仕様が追加になって魅力が増したエクリプスクロスは、チェックしている人が結構いました。


BMWアルピナ

DSC04635.jpg
DSC04636.jpg
BMWやMINIは展示がありませんでしたが、アルピナはありました。商談っぽい光景もありました。


レクサス

DSC04641.jpg
電動化を見据えたコンセプトカー LF-30 Electrified。いつものように人だかりが多くて、カメラの液晶パネル越しにしか見れませんでした。

DSC04639.jpg
DSC04644.jpg


メルセデス

DSC04648.jpg
EVのスマートEQフォーツー。

DSC04649.jpg
EQブランドのフラグシップコンセプト ヴィジョンEQS。

DSC04647.jpg
DSC04655.jpg
DSC04658.jpg
DSC04660.jpg
今回メルセデスは海外メーカーで一番気を吐いて展示していたように思いました。


マツダ

DSC04661.jpg
まずはロードスターの美しさにうっとり。

DSC04662.jpg
DSC04664.jpg
EVのSUVコンセプト MX-30。これまでの鼓動デザインからは趣の異なる印象でした。

DSC04671.jpg
DSC04668.jpg
ジャストサイズなSUVとして話題のCX-30は、取り囲む見学者が多く、いい写真が撮れませんでした。運転席と後席に座ってみましたが、インテリアの質感とゆとりの広さが好印象でした。


以上、有明展示場の模様でした。青海サイドの模様は後編に続きます。

nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

東京オートサロン2019 に行ってきた [クルマ]

今年もどうぞよろしくお願い致します。

年々入場者数が増えているという東京オートサロンですが、今回初めて行ってきました。会場は幕張メッセです。いつも東京モーターショーで同行いただいているS16氏も今回初めてとのことで、まずは二人で様子伺いという感じでした。

DSC04482.jpg

東京モーターショーと違って、カスタムカーの展示がメインで、レースカーも多いです。昔懐かしい名車のレストアも結構ありました。関連する出展業者の数も多く、趣や来場者層が結構違うのですが、会場を回り始めて、すぐにその魅力が実感できました。

DSC04232.jpg
DSC04244.jpg
DSC04270.jpg
DSC04273.jpg
DSC04305.jpg
DSC04322.jpg
DSC04328.jpg
DSC04329.jpg
DSC04399.jpg
DSC04402.jpg
DSC04409.jpg
DSC04410.jpg
DSC04419.jpg
DSC04421.jpg

レクサスの新型コンパクトSUV「UX」のカスタムカーもありました。
DSC04451.jpg
DSC04479.jpg


大手クルマメーカー関連の展示ではニューモデルやコンセプトカーもあり、東京モーターショーより一足先に話題のクルマを見ることもできました。

DSC04250.jpg
DSC04255.jpg
DSC04256.jpg
DSC04313.jpg
DSC04318.jpg
DSC04358.jpg
DSC04363.jpg
DSC04369.jpg
DSC04370.jpg
DSC04375.jpg
DSC04378.jpg
DSC04381.jpg
DSC04384.jpg
DSC04397.jpg
DSC04447.jpg
DSC04448.jpg
DSC04449.jpg
DSC04443.jpg


トヨタのモータースポーツより。ルマン優勝車TS050ハイブリッド(実車)とヤリスWRC(レプリカ)。TS050はレースで汚れたボディそのままの展示で、その過酷さを物語ってました。
DSC04454.jpg
DSC04457.jpg

トヨタの次期スープラ(偽装してました。すぐあとの北米自動車ショーでお披露目されましたね)とGRのスーパーGTコンセプト。
DSC04461.jpg
DSC04462.jpg
DSC04458.jpg

センチュリーGRMN。白とこの黒と2台しか存在しないそうで、白は豊田社長専用車だそうで、今年の箱根駅伝の大会本部車として使われ、ちょっとした話題になりました。
DSC04466.jpg


昨年末に国内導入始めたホンダ新型インサイトも展示がありました。運転席に座ってきましたが、うちの先代インサイトに比べたらインテリアも豪華で立派で驚きでした。無限もありました。
DSC04365.jpg
DSC04368.jpg
DSC04366.jpg
DSC04362.jpg


今年国内発売予定のマツダアクセラの次期モデルMazda3ハッチバックとセダンの北米仕様。ロングノーズが際立っていました。運転席に座る列はなんと90分待ちの人気ぶりでした。
DSC04289.jpg
DSC04290.jpg
DSC04297.jpg
DSC04284.jpg
DSC04285.jpg


もちろん、各展示のコンパニオンの皆さんも華やかさを演出してました。
DSC04260.jpg



最後に感想ですが、カスタムカーの世界はごく一部のコアな文化の感はあるものの多様で面白い、ということを改めて実感してきました。ものづくりに掛ける情熱も十分感じ取れます。ベース車両はスポーツカーや高級セダン/ミニバンが主流かと思いきや、スズキのスイフトやジムニーをカスタマイズしている展示も数多く、導入のハードルが比較的高くない印象もあり、関心や人気の理由のように思いました。

年明けからいい夢を見させてもらいました。今年も頑張ります。


関連URL
TOKYO AUTO SALON 2019 | 東京オートサロン公式サイト



nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車
前の3件 | - クルマ ブログトップ