So-net無料ブログ作成

第46回東京モーターショー2019 に行ってきた【前編】 [クルマ]

ブログの更新がなかなかできていませんでしたが、今回も東京モーターショーに、期待と不安を胸にS16氏と先週末に行ってきました。

今年は会場の東京ビックサイトの工事の関係から、有明展示場と青海展示場に分かれて、2つの会場間の通りや周辺施設を利用して、広範囲にブースやイベントスペースが設けられたのはよかったです。

しかし、VWやBMWなど多くの海外メーカーの参加がないということもあって、少し寂しいショーになるのかと思っていましたが、天気に恵まれた週末だったこともあり、来場者はファミリーなども多く賑やかでした。

この【前編】は有明展示場の様子です。


スズキ

DSC04583.jpg
DSC04584.jpgDSC04585.jpg
大人気の軽自動車ハスラーの2代目のコンセプト。よりアクティブなイメージになるようです。


ホンダ

DSC04589.jpg
オレンジのNSXは人だかりが多かったです。

DSC04587.jpg
DSC04590.jpg
新型アコード。こちらもお目当ての人は結構いました。

DSC04595.jpg
マイナーチェンジ&新グレード追加された人気のフリードシリーズ。

DSC04596.jpg
軽自動車のNシリーズも多く展示されていました。

DSC04597.jpg
DSC04598.jpg
新型フィット。趣の違うバリエーションの展示。人気車種だけあって、内装の質感を確かめたり注目度が高かったです。

DSC04599.jpg
DSC04600.jpg
電気自動車 Honda e。シンプルな印象の外観とは違って、内装インパネは液晶パネルがズラリと並んで、先進的なイメージです。

DSC04603.jpg
モータースポーツの展示も充実していました。なんとここで歴史的なF1マシン RA272にお目にかかれるとは思いませんでした。混雑の中、なんとか写真に収めました。以前キットを作ったときの記事はこちらで。


アルピーヌ

DSC04607.jpg
A110S。現代に蘇ったライトウエイトスポーツA110のチューンバージョン。操ってみたい!


ルノー

DSC04609.jpg
DSC04610.jpg
新型ルーテシア。欧州ではクリオと呼ばれる売れ筋Bセグメントハッチ。

DSC04611.jpg
トゥインゴ。可愛い!(どっちが?)

DSC04612.jpg
メガーヌ ルノースポール。刺激の欲しい方はこちらを!


日産

DSC04616.jpg
自動運転技術「プロパイロット2.0」で手放し運転もできるという、マイナーチェンジしたスカイライン。手放しって楽そうですが、個人的には落ち着かないような。

DSC04618.jpg
DSC04620.jpg
熟成された日産車が多く展示されていました。

DSC04623.jpg
DSC04622.jpg
SUVタイプの電気自動車 ARIYAコンセプト。一方、新型ジュークもキックスもなく、残念。今後に期待したいですね。


三菱

DSC04626.jpg
DSC04625.jpg
PHEVのコンセプトカー ENGELBERG TOURER。オラオラ顔っぽいですね。

DSC04633.jpg
オープン2シーターのコンセプトカー MI-TECH CONCEPT。

DSC04630.jpg
ディーゼルエンジン仕様が追加になって魅力が増したエクリプスクロスは、チェックしている人が結構いました。


BMWアルピナ

DSC04635.jpg
DSC04636.jpg
BMWやMINIは展示がありませんでしたが、アルピナはありました。商談っぽい光景もありました。


レクサス

DSC04641.jpg
電動化を見据えたコンセプトカー LF-30 Electrified。いつものように人だかりが多くて、カメラの液晶パネル越しにしか見れませんでした。

DSC04639.jpg
DSC04644.jpg


メルセデス

DSC04648.jpg
EVのスマートEQフォーツー。

DSC04649.jpg
EQブランドのフラグシップコンセプト ヴィジョンEQS。

DSC04647.jpg
DSC04655.jpg
DSC04658.jpg
DSC04660.jpg
今回メルセデスは海外メーカーで一番気を吐いて展示していたように思いました。


マツダ

DSC04661.jpg
まずはロードスターの美しさにうっとり。

DSC04662.jpg
DSC04664.jpg
EVのSUVコンセプト MX-30。これまでの鼓動デザインからは趣の異なる印象でした。

DSC04671.jpg
DSC04668.jpg
ジャストサイズなSUVとして話題のCX-30は、取り囲む見学者が多く、いい写真が撮れませんでした。運転席と後席に座ってみましたが、インテリアの質感とゆとりの広さが好印象でした。


以上、有明展示場の模様でした。青海サイドの模様は後編に続きます。

nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車